株式会社ブイエムシー

  • 企業情報
  • 事業内容
  • 新着情報
  • 採用情報
  • VMCブログ
  • お問い合わせ
ホーム > VMCブログ
カテゴリー 一覧
月別記事一覧

ブログ

第1期生「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座 最終回!!

技術部の有賀です。

7月より新規開講した「カーエレクトロニクスの基礎」トレーニング講座ですが、早いもので、2月6日に最終回を迎えました。

 本講座は、自動車技術の中で利用が広がっている電子技術に焦点をあて、自動車電子技術の全体像を体系的に学んで頂くことを目的に開講しました。 講座は、机上での学習の他に、受講者の皆様に出きる限り実物を目で見て、手で触れて頂けるよう実習を交えて展開してきました。

最終回の実習は、OBD2コネクタを使って車両情報の出力と保存を実際に目で見て確認して頂くため、実際の車両に簡易的な仕組みを取り付けて車を走らせました。

(写真を撮り損ねてしまい、その時の様子をご覧頂けないのが大変残念ですが・・。)

 

また講座の締めくくりとして修了式と、卒業パーティを行いました。

カーエレセミナー終了集合.jpg

受講者の皆様、約半年に渡り大変お疲れ様でした。

皆様の益々のご発展ご活躍を講師、スタッフ一同心よりお祈り申し上げます。

 

※バーチャルメカニクスでは、現在第2期「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座開講を検討中です。無料体験講座、講座申込み方法等、具体的な日程が決まり次第バーチャルメカニクスホームページを通じて皆様にお伝えします。


バーチャルメカニクス営業HP

バーチャルメカニクスサポートHP

第3期「車両運動力学の基礎」トレーニング講座  終了しました

技術部の有賀です。

 

今年6月にスタートした、第3期「車両運動力学の基礎」トレーニング講座ですが、早いもので先日12月5日に最終回を迎え、7名の受講生の皆様が全課程を修了されました。

 

講義は月に1度のペースで開講しますが、全課程を修了した受講生の方に聞けば「講座中に聞いた言葉や説明について、講座後に紐解き理解を深めていた」とのことです。

講座中、たくさんの質問や意見交換が行われていた背景には、そういった受講者の方々の影の努力があったのだと思い知らされました。

 

受講者の皆様、半年間お疲れ様でした。

 

集合写真.jpg

また最終回では、近畿大学工業高等専門学校 教授 武馬 修一様をお迎えして「制御サスペンションの技術変遷と最新のプレビュー乗心地制御技術について」というテーマでご講演頂きました。

 

武馬先生講義.jpg

武馬先生、お忙しい中貴重なご講演を頂き、ありがとうございました。

 

バーチャルメカニクスでは第4期「車両運動力学の基礎」トレーニング講座の開講を予定しております。詳しい日程等は決定次第弊社ホームページでご案内します。

 

みなさんも、本講座を通して更なる飛躍を目指しませんか?

 

User Conference 2014を開催しました

115日(水)にCarSim/TruckSim/BikeSim/SuspensionSim User Conference 2014を東京コンファレンスセンター品川にて開催しました。

開発元のMike SayersからリリースしたばかりのCarSim 9の新機能と改善機能の紹介の後、東京工業大学の實吉先生より基調講演として「ステレオカメラによる自律走行」という昨今話題の研究成果についてご紹介いただきました。

また、VehicleSim製品を長年ご愛用いただいているトヨタ自動車様はじめ、日産自動車様、いすゞ自動車様、本田技術研究所様には大変貴重な活用事例をご紹介いただきました。

 

ユーザー会①.jpgユーザー会②.jpg

2年ぶり6回目となる日本でのUser Conferenceは、前回より広い5階のホールで開催しましたが、おかげさまで今回も満席となりました。会を重ねるごとにユーザー様の活用事例の内容もより深く充実してきて、自動車業界において車両運動シミュレーション技術が重要な役割を担うようになってきたことを肌で感じました。

 

休憩時間や懇親会では、ユーザー様、パートナー様、開発元スタッフ、弊社スタッフが共通の課題解決に向けての情報交換ができ、交流を深めることができました。ご出席いただいた皆様からの貴重なご意見を、今後の商品、サービスのさらなる改善につなげていきたいと決意を新たにいたしました。

 

次回のUser Conference2年後の201611月の開催を予定しております。


TECH Biz EXPO 2014に出展しました

こんにちは、代表の永瀬です。

10月22日(水)~24日(金)、ポートメッセなごやにて開催されたTECH Biz EXPO 2014にMotionSim事業部として出展しました。 次世代自動車・航空機・ロボットなどに活かす部品、加工、計測、試作など、ものづくり関連の企業が多数出展していました。 ロボットシンポジウムも同時開催され、大学やロボットメーカーが出展していました。

弊社の展示ブースではこれまでMotinSim事業部で取り扱ってきた「SimWise 4D」、「Dynamics for SPACEClaim」に加え、新しく取り扱いを検討している「AgX Dynamics」を初めて展示しました。

TECH Bizブログ1.jpgTECH Bizブログ2.jpg「AgX Dynamics」は、スウェーデン生まれの複合物理運動シミュレーションのためのソフト開発ツールです。

3D Multibody Dynamicsをベースにして、大量のオブジェクト間の接触、ワイヤー・チェーンモデル、流体モデル等を組み合わせ、超高速にシミュレーション計算ができ、今まで困難だった土木建設作業車、海上作業船等のシミュレータを実現できます。
また、宇宙、深海、危険区域作業用の遠隔操作ロボットの操作シミュレータへの応用も期待されています。

10月23日(木)には会場内のワークショップにて「AgX Dynamics」を詳しくご紹介させていただきました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

第3回「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座が終了しました!

技術部の大田です。

 

7月より新規開講した「カーエレクトロニクスの基礎」トレーニング講座ですが、早いもので、全6回の授業が折り返し地点を迎えました。教科書の内容も徐々に実際に用いられている技術へと近づき、講師の熱も自然と高まっております。

 今回の授業は、前回の「マイクロコンピュータによる計測と制御」の続き、そして「電子エンジン制御の基礎」「センサーとアクチュエータ」へと進んでいきます。

特に「電子エンジン制御の基礎」の章は、講師が「この分野の説明はこの教科書の右に出るものはない」と太鼓判を押すほどの内容とのこと。教科書の内容に加え、講師自身の経験談も飛び出し、説明に力がこもります。

 
また、「センサーとアクチュエータ」の章では、多くのエンジン制御部品やセンサーが登場しますが、今回の授業では、実物を見てもらうとともに、実際に回路に組み込みその動きを確認してもらいました。回路の仕組みの説明も、実物を前に聞くと理解が大変深まります。

実習.jpg

今回は、ささやかながら昼食時に受講者の皆さん、講師、スタッフで懇親会を開きました。 講義中には話せない肩の力が抜けた会話も懇親会ならでは。親睦を深めて頂けたことと思います。

 

lunch.jpg

次回は1128日(金)開催です。

少し間があきますが、またお会いできるのを楽しみにしております。

受講者の皆様、第3回講座お疲れ様でした。

第1期「カーエレクトロニクスの基礎」トレーニング講座 第2回終了

技術部の大田です。

7月より新規開講した「カーエレクトロニクスの基礎」トレーニング講座の第2回が8月29日(金)に行われました。

「文字ばかりの教科書ではなかなか理解できないカーエレクトロニクスを、もっと深く理解していただきたい」という講師の熱い思いから、本講座では実践も交えて講義を進めております。

 
今回の授業は、「電子工学の基礎」「マイクロコンピュータによる計測と制御」がテーマ。

「電子工学の基礎」では、半導体の説明からダイオード、トランジスタ、オペアンプなど、回路に欠かせない素子の説明を行った後、実際の回路を用いてそれぞれの素子の役割を学びました。また、「マイクロコンピュータによる計測と制御」については、マイコンの歴史を学んだ後、実物のマイクロコンピュータを確認しながら、原理について理解を進めました。

 

これからカーエレクトロニクスを学んでいきたいという思いで受講された方から、既に精通されており、さらに理解を深めたいといった方まで、実物を前にすると皆さんイキイキとした表情で覗きこみ、意見を出し合っておられました。

 

カーエレ第2回.jpg

今後も実物を用いながら、さらに深い内容へと進んでいきます。意識の高い受講者の方を交えた議論が今後ますます活発になっていくのではないかと楽しみになりました。

 

次回は9月26日(金)開催です。

受講者の皆様、第2回講座お疲れ様でした。

 

※バーチャルメカニクスではスペシャルセミナーとして

「車両運動力学の基礎」トレーニング講座

「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座

を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりアクセスして下さい↓↓↓

「車両運動力学の基礎」トレーニング講座

「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座

(※ 空席の無い場合、お申込みをお受けできないことがありますので予めご了承ください。)

 

第1期「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座  いよいよ幕開け!

技術部の有賀です。

7月25日(金)、弊社主催のスペシャルセミナー「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座がスタートしました。
講師は「車両運動力学の基礎」トレーニング講座でもおなじみの中村講師です。


カーエレ第1回.jpg

かねてより自動車技術の全体像を俯瞰的に捉えることのできるエンジニアの育成に少しでも力になりたいとう講師の熱い思いがありました。
そんな中実現したのが、スペシャルセミナー第2弾でもある「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座です。


車を取り巻く環境のインテリジェント化に伴い、自動車全体において電子技術が不可欠なものとなってる中、当講座は、自動車の電子技術に焦点を当て、その全体像を捉えていきます。


受講生の方からこんな声を頂きました。
「機械系のエンジニアです。この講座での学びを通して電子系エンジニアとの歩み寄りを図りたいです。」


この言葉を聞いて講師のやる気も増々加速したはずです。


さて、第1回講座では「システム論」、「離散系理論」を学びました。
次回からはいよいよ、より実践的な内容に入っていきます。


受講生の皆さん、長時間に渡り大変お疲れさまでした。
次回のお越しを講師、スタッフ一同心よりお待ちしております。


バーチャルメカニクスが主催するスペシャルセミナーの詳細↓↓

  「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座

  「車両運動力学の基礎」トレーニング講座

今年も始まりました!第3期「車両運動力学の基礎」トレーニング講座

技術部の有賀です。

いよいよ今年で第3回を迎える「車両運動力学の基礎」トレーニング講座がスタートしました!

今回も車両メーカー、部品メーカーのエンジニアの7名の方々にご参加頂き講座が始まりました。現役のエンジニア達が集う本講座は、互いの知識を共有し合い、スキルを磨き上げる良い機会です。今年度初めての講座ですが、講座が進行する中で、早速ある受講者の方から出た疑問に対し別の受講者の方から回答するという場面もありました。講師からの一方的な講義ではなく、こうした現役のエンジニア同士の理解の深め合いもまた、本講座の魅力の一つであると改めて感じました。

講座風景.jpg第1回講座の様子

 

今年も、受講者の方々同士の白熱した議論が繰り広げられる予感です。

講座終了後には、そんな受講者の方々の期待に応えられるよう講師も更なるやる気に満ちた表情でした。

講師.jpg講師中村

 

次回は7月11日(金)開催です。

受講者の皆様、第1回講座お疲れ様でした。

 

※バーチャルメカニクスではスペシャルセミナーとして

「車両運動力学の基礎」トレーニング講座

「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座 を開催しています。

ご興味のある方はこちらよりアクセスして下さい↓↓

「車両運動力学の基礎」トレーニング講座 

「カーエレクトロニクス基礎」トレーニング講座 

(※ 空席の無い場合、お申込みをお受けできないことがありますので予めご了承ください。)

「人とくるまのテクノロジー展2014」に出展中です

こんにちは、総務の荻です。

バーチャルメカニクスは本日から3日間、横浜みなとみらいのパシフィコ横浜にて開催されています「人とくるまのテクノロジー展2014」に出展しています。

自技展2014ブース.jpgブースではCarSim/TruckSim/BikeSim各最新バージョンの展示、新しく生まれ変わったSuspensionSim展示の他、dSPACESENSO-WheelによるCarSimドライビングシミュレータを展示しています。

 

自技展2014DS.jpg dSPACE + CAN通信を使った実機相当のステアリング使用のドライビングシミュレータ

 

また、このたび新しくMotionSim事業部取扱いの製品も展示しています。 これは自動車以外の分野にも手軽に使える動力学シミュレーションソフトです。

 

ブース番号は「129番」です。会場にお越しの際は是非お立ち寄りください!

 

 

 

 

日本機械学会 東海支部 第63期総会・講演会に出展

MotionSim事業部の取扱製品 SimWise 4Dと Dynamics for SpaceClaimを、318日~19日に名古屋市の大同大学で開催された日本機械学会 東海支部 第63期 総会・講演会の企業展示に出展しました。


JSAE_Tokai2014会場_大同大学.jpg

今回初めてデモ展示したDynamics for SpaceClaimは、3次元ダイレクトモデラーSpaceClaim 2014のアドオンオプション新製品で、CADモデルから簡単に機構運動解析ができ、特に歯車やチェーンなどの複雑な接触の多い問題を高速にシミュレーションできる優れた特徴を持っています。会場では、デフやチェーンの事例を実演して来場者の注目を集めました。


JSAE_Tokai2014ブース写真.jpg

前の10件1  2  3  4  5  6  7
ページの先頭へ