株式会社ブイエムシー

  • 企業情報
  • 事業内容
  • 新着情報
  • 採用情報
  • VMCブログ
  • お問い合わせ

企業情報

社長挨拶

私どもは1999年の創業以来、開発元の米国Mechanical Simulation社と密接に協力して、各種自動車の研究開発現場で真に使える車両運動シミュレーションに特化したソフトウエアツールを提供し続けてきました。CarSimをはじめ、私たちが提供してきた車両運動シミュレーションソフトは、自動車の進化の過程でABSやESCなど予防安全のための各種の電子制御システムのモデルベース開発に活用され、お客様の開発期間の短縮や高付加価値な商品開発に貢献してまいりました。昨今は、安全と省エネルギーを両立させる自動運転技術開発ニーズの高まりに対応し、カメラやレーダーなど各種センサー情報に基づき車両運動制御するためのオプションツールも充実させてきております。

車両運動シミュレーション技術の中核になっているMulti Body Dynamics剛体運動解析技術は、自動車以外にもロボットなどいろいろな機械装置の動きの解析にも応用できます。

そこで2013年にMotionSim事業部を発足し、手軽に使える機械系運動解析ツールの提供を開始しました。またスウェーデンのAlgoryx社と協力して、物理エンジン・ライブラリ&ソフト開発ツールの「AGX Dynamics」の提供とそれを活用したカスタムシミュレーションソフトの企画開発・コンサルティングを加え新規事業としてスタートしました。

2015年4月には、従来の車両運動シミュレーション事業を分離独立して新会社を設立し、社名「株式会社バーチャルメカニクス」は新会社に継承し、元会社は「株式会社ブイエムシー」と社名変更して、新規事業に投資拡大して育てていくことにいたしました。

そして2019年にはその新規事業も分離独立させて「VMC Motion Technologies株式会社」を設立し、ロボットや重機など従来不可能とされてきた高度な作業シミュレーション分野の実用化を支援していくことになりました。

今後もブイエムシー・グループは幅広い分野にシミュレーション技術を普及させることに尽力し、日本のものづくりを支えることにより社会に貢献していきたいと考えております。今後ともよりいっそうのご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。


株式会社ブイエムシー 代表取締役 永瀬 純

ページの先頭へ